姫川薬石とは


姫川薬石とは
姫川薬石とは新潟県糸魚川市で産出・採取される天然ラジウム鉱石です。姫川薬石の正式な鉱石名は「流紋岩質凝灰岩(りゅうもんがんしつぎょうかいがん)」で、石英斑岩に分類されます。新潟県糸魚川の地域では、その昔より姫川薬石を患部にあて、怪我や病気の治癒に使われてきました。また姫川薬石の加工品を結婚式の引き出物として使われたり、地元ではその見た目から「虎石」と呼ばれ昔から親しまれてきました。

極上と特選のランク分け
当店では原石の形状によって「極上」「特選」の2種類にランク分けして販売しています。特に形や模様が良い物を「極上」としていますが、「極上」と「特選」の性質上の違いはございません。

姫川薬石の放射線測定
当店では放射線(α線・β線・γ線)を測定できるアメリカ製のガイガーカウンター(放射線測定器:Inspector+)を使用して、姫川薬石の放射線量を測定しています。特に放射線の中でもα線は細胞や遺伝子の修復に働きかける放射線として注目されています。その一方、γ線(電磁波など)しか測定できない安価で一般流通しているガイガーカウンターで放射線を測定しても、ほとんど意味が無いと言えます。
県外の偽物を扱うブローカーや一部のネットショップでは、放射線測定(α線)ではありえない、空間測定するアナログ(針が揺れる)タイプや、安価なガイガーカウンターで、放射線の種類や意味も理解せず、「○○シーベルトです」等と表記している事も多いため注意が必要です。
姫川薬石の放射線測定

品質の徹底管理
糸魚川の海岸には、カモメなどの海鳥がたくさん生息しており、もちろん海鳥はフンをします。そのため高圧洗浄や軽めの煮沸では落ち切れない有害物質を取り除くため、30分以上の煮沸消毒と徹底洗浄、及び天日干しを行い、届いたその日から安心してすぐに使える状態にして管理しています。

姫川薬石の本物と偽物の見分け方(画像で解説)
近年出回っている偽物・類似石の画像をご覧いただけます。
こちらのページからどうぞ。